あなたと共に 旭川市長 今津ひろすけ 44歳 あなたと共に

旭川市長 今津ひろすけ 44歳

Scroll

みんなの想いを、実現へ。

旭川は長年の市政の停滞、閉塞感に加えて、追い打ちをかけるコロナ禍も相まって、先行きの不透明さが増してきています。しかし、私は必ず危機を乗り越えることができると信じています。なぜなら、私たちの故郷旭川には他のまちにはないたくさんのまちの魅力・力があって、何よりも市民一人一人の力があるからです。

安心安全の医療福祉、災害の少なさ、公共交通機関の利便性、都市と自然の融合、一年を通じた四季折々の観光と食、歴史と共に育んできた産業、文化・デザイン、スポーツ環境などなど枚挙にいとまがありません。

しかし、これだけの魅力がありながらも人口の流出が続き、旭川は活気を失いつつあります。

ウィズコロナ、アフターコロナともいわれる私たち個人の暮らし、働き方、社会の価値観そのものも大きく変わってく、これからの新しい時代において、旭川こそ大きな可能性があると私は思っています。

前回の旭川市長選挙に敗れて以来、街頭に立ち続け市民の皆様の想いを聞いてきました。
市民の皆様の悩み、不安、苦しみ。。。 旭川に対する期待、夢、希望。。。

今こそ、旭川が変わる時。

新型コロナウイルス禍を乗り越え、市民一人一人が幸せを実感できる「市民が主役のワクワクするまち・旭川」を創るために、旭川の閉塞感を打ち破って参りたいと思います。私今津ひろすけと一緒に、新しい旭川を創り上げていきましょう!

皆様の力強いご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

プロフィール

昭和51年12月12日 旭川市生まれ 
妻・三男一女の六人家族

  • 中央大学経済学部経済学科 卒業
  • 平成11年4月~平成30年
    経済産業副大臣 西銘 恒三郎 代議士 秘書 
    防衛庁副長官 今津 寛 代議士 秘書
    この間、衆議院議員選挙7回、参議院議員選挙7回、統一地方選挙(知事、道議、市町村議)6回、旭川市長選挙4回、沖縄県石垣市長選挙、同与那原町長選挙で候補者当選に向けて尽力・辛苦を経験。平成27年国会議員政策秘書資格取得。
  • 約20年の秘書経験を通じて地元有権者と国政を繋ぐ窓口として奔走すると共に、多くの国会議員や中央省庁並びに道内の首長と直接やり取りできる人脈を築く。
  • 平成30年11月 旭川市長選挙立候補 55,302票頂戴するも次点。敗戦翌日から街頭に立つ。
  • 令和3年5月13日 自由民主党旭川支部公募による次期市長選挙候補者に決定。
  • 令和3年9月26日 市長辞職に伴う旭川市長補欠選挙に再挑戦、83,836票を頂き初当選。

街頭演説

前回の市長選に敗戦後、市民の声を聞くために街頭に立ち続け、750回を突破しました。
今後も継続してまいります。

政策 OPINIONN

今津ひろすけ旭川ミライビジョン

旭川の未来ビジョンは、市民の皆様の声を聞きながら増え続けています。
旭川のビジョンは市民と共に。あなたと共に創りあげていきます。

ムービー

サムネイル画像をクリックすると拡大します

広報物

サムネイル画像をクリックすると拡大します